ほうれい線が出来る原因について

顔のしわの中でも、ほうれい線は目立つ場所にあり、しかも顔に深くしわが刻まれるので予防したいと思ってる人もいるでしょう。
ほうれい線に特化した化粧品も販売されていますが、まず最初にして欲しい事はほうれい線が出来る原因を正しく知る事です。
ほうれい線が出来てからケアするよりも、原因を知って予防する方が効果的だからです。

ただほうれい線が出来る原因は1つではありません。
複数の原因があるので、紹介していきます。

まずほうれい線は、若い頃は目立ちません。
加齢に伴いほうれい線が目立つようになり、顔に年齢が出てしまいます。
なぜ加齢に伴いほうれい線が目立つようになるのかというと、コラーゲンが大きく関係しています。
[PR]
ホワイピュアの口コミや評判は嘘?本当?30代主婦が効果を検証レビュー

人は体内でもコラーゲンを分泌し、肌に潤いやハリを与えています。
しかし加齢に伴い体内で分泌されるコラーゲンの量が大幅に減少してしまいます。
その結果、肌がコラーゲン不足で乾燥し、肌にハリや弾力が失われてしまい、顔全体がたるんでしまい、ほうれい線も目立つようになります。

そのため加齢に伴い不足しているコラーゲンをスキンケアやサプリで補う事で、ほうれい線の予防につながります。
またコラーゲンは摂取していても、紫外線対策をしていなければ、紫外線が原因で肌が乾燥してしまいます。
紫外線は肌の真皮層にあるコラーゲンにダメージを与えてしまうからです。そのため夏だけでなく年間を通じて紫外線対策を徹底して下さい。

あと加齢に伴い筋肉も低下してしまいます。
顔にも表情筋と呼ばれる筋肉があり、筋肉が低下してしまうとほうれい線が目立つようになります。
筋肉は動かさなければどんどん低下してしまいます。なので普段から無表情で表情筋をあまり使っていない人は要注意です。

その他、ストレスや不規則な生活習慣、食生活、睡眠なども肌に直接影響を与えるので、肌のために生活習慣も見直す必要があると言えます。

また白い歯にしたい場合はちゅらトゥース 口コミなどもチェックするといいでしょう。

 

作成者: machimoyou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です