これまでいろいろなダイエットをして来たのになかなか痩せられなかった方は、もっと気楽に続けられる方法があります。
それは豆乳とおからが主成分になったクッキーを食べるダイエットです。

豆乳クッキーダイエットとは

豆乳クッキーは豆乳とおからが主成分で、まさに大豆の全てを利用したクッキーです。
豆乳にはイソフラボンが豊富に含まれていて、女性ホルモンと同じ働きをする事でも知られています。

これらは体の骨や血管、ホルモンバランスに良い影響があり、おからにはたんぱく質と食物繊維が含まれていて栄養価が高い事でも知られています。健康食品であると共に、ダイエットにもとても良いバランス栄養食品なのです。

これをクッキーにしたものを食事と置き換えるだけの簡単な方法なので、美味しく、おやつ感覚で続ける事が出来ます。

豆乳クッキーダイエットの体験談

人間の体は空腹になるととても辛く感じるので、自分では気づかないうちに精神的にも肉体的にも大きなストレスを抱えます。しかし空腹を感じるからこそその分だけ食べてしまうから太ると言うメカニズムをしっかりと理解すれば、痩せる事が出来ると言う風にも考える事が出来ます。

それを元に満腹感を得ながら痩せる方法が豆乳クッキーダイエットだと言う事に気づいたのです。1食分は豆乳クッキーを7枚です。
これを好きな飲み物と一緒に全部食べてしまっても大丈夫で、1食分ごとに個包装になっているので持ち歩きにも便利です。
1食分は150キロカロリーなので、夕食などを置き換えればかなりのカロリーダウンが出来ます。

この方法で、1年間で20キロ痩せる事が出来ました。

まずは1ケ月間お試しからスタート

食べるとお腹で膨らむ性質を利用したこの方法は、1ケ月でマイナス5キロからチャレンジすると良いです。リバウンドが怖い場合は、軽めのウォーキングを加えるなどするとより効果的です。

豆乳クッキーダイエットのまとめ

置き換えダイエットの中でも食べごたえと満足感を得られるので、とても実行しやすく継続しやすい方法です。

これまでいくら頑張っても痩せず太り続けた理由

痩せたくても痩せられないと言う女性には何らかの理由があるはずです。
その理由がはっきりしていれば理由を改善して痩せる事が出来る、と考えると痩せられないわけはないと言う結論に達します。

これまで太り続けて来た理由とは?

痩せたいと思いながらも休日になるとスナック菓子を食べながら横になり、ビールを飲んでビデオを見ていると言う生活をしていたのでは痩せるわけがありません。
この調子では日に日に太るのは当たり前です。

このような生活習慣が痩せたくても痩せられない理由なのです。
そこで改善するならカロリーにも注目する必要があり、自分で工夫する必要があるのです。

基礎代謝を測って計算する

1日に基礎代謝の1.3倍以上のカロリーを摂取しないと言う事を実践してみましょう。
例えば基礎代謝が1500キロカロリーなら、1.3倍は1950キロカロリーです。
それを3食分で割ると1食当たり650キロカロリーになります。

毎食、この650キロカロリーを超えないように食事をすれば理論上では痩せて行く計算になります。
入るカロリーよりも出て行くカロリーの方が多くなるように工夫すると言う事です。

豆乳クッキーを利用したダイエットを実践

豆乳クッキーはおからと豆乳が主成分で1食7枚で150キロカロリーです。
前述したような計算によると、1食650キロカロリーの食事をこの豆乳クッキーに置き換えれば400キロカロリーのダイエットになります。
毎日続けて行けば10日で4000キロカロリーのダイエットになる計算です。

また、豆乳とおからは体に良いばかりか、腹持ちも良く、食べた後にお腹で膨らんでくれるので、空腹感を感じにくい事も特徴的です。

太り続けた理由のまとめ

食生活が乱れて、摂取するカロリーと出て行くカロリーのバランスが取れないでいると、体はどんどん太っていきます。

食事制限ダイエットで大敵は「空腹」

ダイエットをする時に絶対に戦わなくてはいけないのが空腹感です。
空腹感を我慢すると言う事はとても肉体的にも精神的にも辛い事ですが、それに耐えなければ痩せる事は出来ません。

最大の敵である空腹感と戦うにはどんな方法があるのでしょうか。

胃袋を小さくする

あまりにも太ってくると腰椎ヘルニアになる事があります。
これは体が自分の重みに耐えられなくなって出てくる症状で重症の場合は体重を減らす事が必要になります。
酷い時には電車などの中でも立っていられなくなるので、深刻な問題なのです。

痩せるためには食べる量を減らすと言う方法が1番ですが、そのためには胃袋を小さくして空腹感を感じにくくすると言う方法があります。
例えば1週間、食べる量を普段の半量にしてあとは1日4リットルくらいの水を飲んで空腹感をしのぐと言うものがあります。

水を大量に飲む事でデトックス効果もあり、1週間くらいで我慢できないような空腹感は起こらなくなります。
自然と胃袋も小さくなり、食べる量も減らす事が出来るようになって行きます。

胃袋を小さくする事に失敗

胃袋を小さくする事に失敗するととても大変な状況になります。
水だけで空腹感を紛らわせると言うのは栄養不足になり、口内炎や貧血気味になるなど健康被害も出てきます。

栄養不足にならないようにするためには水で空腹感を紛らわせる方法は正直あまりおすすめできないのです。

豆乳クッキーダイエットに切り替える

おからと豆乳が主成分になっているクッキーである豆乳クッキーは、体に必要な栄養も十分に含まれているし、空腹になる事もほとんどありません。食べてからお腹で膨らんでくるので、食欲も抑える事が出来ます。

おからや豆乳にはたんぱく質や食物繊維、大豆イソフラボンなどが含まれているので、ダイエットにも効果的ですし、美肌効果も期待出来ます。
1日1食を置き換えるだけの簡単な方法なので、手軽に体重を落とす事も出来ます。

空腹はダイエットの大敵のまとめ

食事制限ダイエットでは空腹が大敵です。
その空腹に任せて食べてしまいそうになったり、実際に食べてしまうからです。
それを回避するには胃袋を小さくするよりも、豆乳クッキーを食べる方が体にも良く、健康的に痩せる事が出来ます。

誰もが経験するダイエットの失敗要因とは

空腹に耐える事は誰でも苦しいものです。
しかしそれに耐えて痩せる事は出来ないのでしょうか。
満腹感を得ながら痩せる方法はあるのでしょうか。

ダイエットに失敗する原因

空腹になると人間の体は自然に栄養素を取り入れようとします。
そのためのシグナルが空腹感です。
その時に選択した食べ物によってはインスリンの上昇が激しくなるものだったり、消化吸収が良いものなら、すぐにまた空腹感を感じるようになります。

つまり、人間の体は、お腹が空いたらたくさん食べたくなるメカニズムになっているのです。
これはもはや本能とも言うべきもので、空腹感に耐えられなければ痩せられない、しかし空腹感にも耐えられない、と言う悪循環にハマります。

満腹感を得ながらダイエットする方法

満腹感を得ながら痩せるには、豆乳クッキーを食べると言う方法があります。
豆乳クッキーは、おからと豆乳が主成分なので、飲み物と一緒に食べれば、お腹の中で膨らんできて空腹感を感じず、満腹感を得られるようになります。
これを上手く食事と置き換える事で痩せる事が出来るようになるのです。

満腹感を得ながら痩せる方法のまとめ

豆乳とおからが主成分の豆乳クッキーを食べるようにすれば満腹感を得ながら痩せる事が出来ます。

まずは試験的に一か月試してみる

ダイエットをする時にくじけそうになる理由は何と言っても空腹感です。
その空腹感を乗り越えて痩せるためには豆乳クッキーの存在が必要不可欠です。

まずは1ケ月試してみる

豆乳クッキーはおからと豆乳が主成分のダイエット食品です。
クッキーだからと言って軽く見てはいけません。
健康に必要な栄養価もあり、その栄養価はバランスよく配合されているので、ダイエット中の体に負担をかける事もほとんどありません。

1ケ月間、夕食を豆乳クッキーに置き換える事で、毎食少なく見積もっても300キロカロリーから500キロカロリーはマイナスする事が出来るので、その効果は1週間や10日といった風に徐々にじわじわと感じられる事でしょう。

リバウンドが心配

リバウンドが心配な場合は軽めのウォーキングを加えると良いです。
ウォーキングと言うと堅苦しい感じがする方は散歩でも良いでしょう。
また自宅でストレッチなどをする事もおすすめです。

ちょっとカロリーを減らした体に運動を組み合わせてあげる事で、脂肪燃焼効果が期待出来ますから、意識的に運動を取り入れる事も考えてみると良いです。

1ケ月試してみるのまとめ

豆乳クッキーは痩せる体に必要な栄養価が含まれているので、健康的に痩せる事が出来ます。
その効果を実感するためにもまずは1ケ月間試してみる事がおすすめです。

リバウンドが心配な方は軽めのウォーキングなどの運動を取り入れる事で、新陳代謝もアップさせる事が出来ます。

おからクッキーダイエットで1か月5キロの減量に成功

豆乳クッキーダイエットは1ケ月で5キロ痩せる事を目指すダイエットです。
豆乳クッキーにはどのような栄養分があり、どうしてダイエットに効果的なのでしょうか。

豆乳クッキーの秘密

豆乳クッキーの主成分は、豆乳とおからです。
ほぼ大豆そのものと言っても良いでしょう。
大豆にはイソフラボンが豊富で、女性ホルモンに似た働きをすると言われています。

女性ホルモンに似た働きをする事によって、ホルモンバランスを整えて骨や血管にも良い影響を与えます。
またその他ではたんぱく質や食物繊維も含まれているので、痩せる時に必要な栄養分が含まれている事にもなります。

たんぱく質や食物繊維は、体の筋肉を作る働きがあり、またデトックス効果もあります。
健康的に痩せながら、体を作って行く事が出来るので、体重を落とす事にもぴったりなのです。

さらに、脳の記憶力を高めるレシチンと言う成分が含まれています。
レシチンは脂質でありながらも記憶力を強化する事に長けているので、体には必要不可欠な存在です。
そして不飽和脂肪酸のリノール酸も含まれており、これも痩せる事に有効な成分です。

豆乳クッキーは、国産のおからに、北海道十勝産大豆のトヨマサリの豆乳を加えて、6種類の味付けをしたクッキーです。

豆腐で言えばどれくらい摂取するもの?

豆腐で言えば1日あたり半丁程度が目安になると言われていますが、豆腐を毎日食べると言うのはなかなか厳しいものがあります。
豆腐は消化も良いので、空腹感を感じやすいですし、半丁程度では満腹感を得られない事もあるでしょう。

調理のバリエーションもあるとは言え、カロリーの事まで考えるとなかなか難しいものがあります。
そういった手間を省くためにも豆腐では無くて豆乳クッキーが良いのです。

まずは1ケ月マイナス5キロに挑戦

この豆乳クッキーを夕ご飯と置き換えて毎日食べるようにすれば、空腹を感じないで、美味しく、満腹感を感じながら痩せる事が出来ます。

豆乳クッキー1食分は7枚のクッキーで150キロカロリーです。
夕食が700キロカロリーだとしたら450キロカロリーのマイナスになります。
この食生活を10日間続けたら、4500キロカロリーも減らした事になりますから、1ケ月でマイナス5キロも夢ではなくなるのです。

個包装で衛生的ですし、食べて美味しいので続けやすいのも特徴的です。

豆乳クッキーでマイナス5キロのまとめ

他のダイエット食品よりも食べると言う動作が加わるので、満腹感を得られやすく、カロリー自体もマイナスする事が出来ます。
特に夕食を豆乳クッキーに置き換えると効果的で、1ケ月マイナス5キロも実現出来ます。

軽めのウォーキングなどを組み合わせるとより効果的に痩せる事が出来ます。

ダイエットをしてキレイになったあとにVライン脱毛をしてみてはいかがですか?